40代の妊活!不妊体質を作っていたのは○○だった?

目安時間:約 4分

 

アラフォー妊活中のwebライターひらぎです

 

今日は、不妊って体質の問題かしら?ってお話です。

タイムリミットも迫っているから、気持ちも焦りますね^^;

 

可能性があることは何でもしてみたいところ!

でも結局、不妊症ってなんだろう。。。

 

 

不妊治療をやめたら、妊娠した!

って話、聞いたことありませんか?

 

多額のお金をかけて不妊治療をしていた夫婦も治療を

諦めたら、まもなく妊娠した。。。

 

このような話は、実は珍しくないようなんです。

 

こんな話を聞くと

もしかして、不妊治療自体が、不妊体質を作っていたのかしら?

 

と考えてしまいますよね?

 

これについては、いろいろな説があるのですが、過剰なホルモン補充が

不妊体質を作っていると指摘する医師もいるんです。

 

外から過剰にホルモンを補うことで、自らホルモンを生成する能力を低下させてしまったり、

月に1個しか育たないはずの卵胞が数十個も育つことで、

卵子1個1個の栄養不足を招いてしまったりする可能性があるというのです。

 

人には自然にホルモンを分泌して、調整する能力が備わっています。

不足しているからといって、人工的に必要以上にホルモンを補充してしまえば

脳は「外から補ってくれるから、もう分泌しなくてもいいだろう」と判断して

ホルモン分泌が減少していまうことが考えられます。

 

不妊治療の本質は、医学的アプローチよりも、食事・運動・生活習慣の見通しからの

体質改善にあります。

 

不妊治療が妊娠を助けるのは事実ですが、それだけに頼らず、普段の生活から

妊娠しやすい体作りを心がけましょう

 

不妊症は病気ではありません。

妊娠するための健康力が、少し弱っている状態です。

 

だから、不妊治療とは、不妊という病気を治すのではく、

妊娠しにくい何らからの障害を取り除いて、妊娠しやすい体を作れるようにサポートする

ことをいうのですね^^

 

まとめ

 

不妊にはたくさんの原因があります。また原因不明な人もたくさんいます

多くの妊活中の人が妊活も状況を

「出口が見えないトンネルの中を歩いているようなも」と表現します

原因不明でどうしたらいいのかわからないしいつまで妊活を続けたらいいものかも分からない

手探りで 歩いていくわけですから・・・

不妊治療で苦しんでいる人はたくさんいます

泣いたり笑ったりしながら乗り越えていくものです

 

あなたが今どんな状況にありどんな結果が待っていたとしても

是非パートナーとの関係は大切に育んでほしいと思います

 

今頑張っている自分をもっと褒めてあげましょう ね

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
プロフィール

管理人のひらぎです。
この度、アラフォー突入!
離婚15年目のシンママです!
ずっと一人で生きていくと決めていたのに、これまで恋愛もせずに子供のためだけに生きてきたのに。
なのに今になって、こんな私を選んでくれるパートナーができました。
その人の子供が欲しい、38歳のからの時間との戦いが始まりました。
素敵に歳を重ねるために貧血改善に向き合いながら、妊活に励んでいます!

カテゴリー
検索
おすすめ
おすすめ

ページの先頭へ