不妊の医学的な原因は?

目安時間:約 4分

こんにちは!

妊活中のアラフォーひらぎです。

 

今回は

不妊にはどのような原因があると言われているのか、

医学的にどんな原因が考えられているのかをみていきますね

 

主な不妊の原因

1 排卵障害 ・・・卵管に問題がある

卵子が育たない、排卵しにくい、排卵しないなどのことで

ホルモン分泌が原因と言われています

 

2 卵管狭窄卵管閉塞 ・・・排卵に問題がある

卵管が詰まっていたり、細くなっていたりしているため、精子で会えません。

また、受精卵を子宮に運べません

 

3 子宮内膜症子宮筋腫 ・・・子宮に問題がある

子宮内膜の組織が子宮以外の場所で増殖する子宮内膜症

卵管を詰まらせ、卵巣機能を低下させます。

子宮筋腫は受精卵の着床を妨げます

 

4 子宮頚管異常

精子が子宮に上昇しやすいように分泌する粘膜が少なく、精子が子宮に入りにくくなってしまいます。

 

5 免疫異常

免疫に問題がある

何らかの免疫異常

精子を体に受け入れない抗体を持っている場合、受精できません

 

6 不育症

妊娠しても流産してしまう

この場合、妊娠はするのに流産を繰り返します

子宮の形が妊娠に適していない子宮形態異常が原因のこともあります。

腐食体異常でも流産しやすくなります。

 

7 男性不妊 

不妊は女性に問題があるように思われがちですが、実を言うと原因の半分は男性側にあります

性行為や射精がうまくできない性機能障害や精子が少ない・元気がない・無精子症などの精子の問題があります

 

精子の問題は自覚症状がないため検査をして初めてわかることが多いです。男性の場合、自分に原因があるとわかると自尊心を傷つけられてしまいがちなのですが、前向きに不妊治療に取り組んでくれる男性も増えています

 

性機能障害

勃起障害・射精障害・造精機能障害( トラブルで精子が作られない)・精路通過障害( 精子の通り道に問題がある)

 

精子の問題

無精子症。乏精子症・精子無力症・奇形精子症

まとめ

 

不妊にはたくさんの原因があります。また原因不明な人もたくさんいます

多くの妊活中の人が妊活も状況を

「出口が見えないトンネルの中を歩いているようなも」と表現します

原因不明でどうしたらいいのかわからないしいつまで妊活を続けたらいいものかも分からない

手探りで 歩いていくわけですから・・・

不妊治療で苦しんでいる人はたくさんいます

泣いたり笑ったりしながら乗り越えていくものです

 

あなたが今どんな状況にありどんな結果が待っていたとしても

是非パートナーとの関係は大切に育んでほしいと思います

 

今頑張っている自分をもっと褒めてあげましょう ね

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
プロフィール

管理人のひらぎです。
この度、アラフォー突入!
離婚15年目のシンママです!
ずっと一人で生きていくと決めていたのに、これまで恋愛もせずに子供のためだけに生きてきたのに。
なのに今になって、こんな私を選んでくれるパートナーができました。
その人の子供が欲しい、38歳のからの時間との戦いが始まりました。
素敵に歳を重ねるために貧血改善に向き合いながら、妊活に励んでいます!

カテゴリー
検索
おすすめ
おすすめ

ページの先頭へ